カードローン面白研究所

アルバイトでも審査に通ったカードローン

 

カードローン面白研究所

私がカードローンを申し込もうと考え始めたきっかけは、収入が減ってしまったにもかかわらずその月の支出が急に増えてしまったからでした。最初は親友に借りようかと考えましたが友情にヒビが入るのが怖くてやっぱりどこかの業者から借りたほうがいいな、と考えました。クレジットカードを持っていたので最初はそのカードを使ってお金を借りたらいいかな、と思ったのですが利息が高かったのでもっと低いところから借りたいと思い調べたところ、カードローンの多くはもっと低い利息だということがわかりました。

 

単身引越し大全.com

 

特に利息の低さを重視して選ぶならば銀行がやっているカードローンがいいようで、クレジットカードのローンの利息や、消費者金融からでているカードローンよりも低い利息が特徴になっています。とはいえ、銀行なので審査はそう簡単なものではありませんから収入に自信がなかったりする場合は、消費者金融のカードローンのほうがいいかもしれません。 

 

消費者金融から出ているカードローンの場合は審査が甘いこともよくありますし、業者によっては低い金利のところもあります。私はアルバイトをしていた時に審査に通らないのではないかと心配でしたが、消費者金融のカードローンに申し込んだところ無事に通りましたからアルバイトの方にもおすすめです。

銀行系カードローンの歩み

 

カードローン面白研究所

銀行系カードローンは消費者金融系カードに比べて、大幅に審査時間が長く、利便性で劣る商品でしたが、最近では審査ノウハウも蓄積され、会社によっては即日融資も可能になってきています。しかし、銀行系カードローンの歩んできた歴史は平坦ではありませんでした。銀行系カードローンの成り立ちを語る上で欠かせないのが、消費者金融業界の隆盛と衰退です。

 

消費者金融全盛期、銀行はその利益率の高さに目を付け、同業界への新規参入を狙いましたが、すでに消費者金融大手各社は、そのシステムを高度化させており後発の銀行に立ち入る隙を与えませんでした。そこで銀行はその信用と資金量を背景に、大手消費者金融業者のノウハウを吸収し、合同会社を作る戦略に打って出ます。「モビット」「東京三菱キャッシュワン」「アットローン」といった会社は、このような背景のもとで誕生しました。

 

銀行がここまで積極的になるほどに、当時の消費者金融業者が牛耳っていた市場は、魅力的だったわけです。そして現在、過払い請求によって、著しく体力の衰えた消費者金融の多くを参加に治めた銀行系カードローンは、獲得した無担保無保証融資のノウハウや、銀行の持つ高い信用とイメージの良さによって飛躍的に業績が増してきています

西